RSS2.0

« 2.巨乳に期待 | メイン | 1.理想の王子さま。 »

3.御三家な男=モテ(?)

昨日の続きね。
えーっと、なんだっけ?

ん?ん?

じゃじゃ馬ならし?
中井貴一

なんだよ、それ。古いよ、それ。

どうやったらじゃじゃ馬たちを手懐けられるかって話だ。
じゃじゃ馬を手懐ける巨チン野郎はドイツだって話。
そうだ、そうだ。

そいじゃ、じゃじゃ馬代表として、たま子が
じゃじゃ馬を手懐けられる巨チン男と、そうじゃない粗チン男の特徴を分析してみました。




【手懐け上手な巨チン男】

◎顔はさておき、お話がおもしろい。話題が豊富で飽きさせない。
◎さわやかで、清潔感がある。笑うと「キラっ」とゆー音がでる。
◎優しい、いい人。これで安心感指数は急上昇間違いなし。THE疲れない男。
◎飾らない、さりげない、見返りを求めない。田原俊彦、野村義男、近藤真彦。
◎信頼できる、尊敬できる、筋が通っている。橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦。とことん古い。
◎知的。あくまでも的なのでホントに頭がいい必要もない。たぶん。。





【馬に蹴られる粗チン男】

◎話がくすりとも笑えない。今以上に退屈にさせてくれる。
◎自分勝手で自己中、おまけに思い込みが激しくてもー、お手上げ。
◎相手に無関心↓質問攻め↓↓くどい↓↓↓(まとめてウザイ。)
◎エロ一筋。エロネタでしか盛り上がれない。軽くエロならいいと思ってる。
◎オレの○○が。オレの××が。と、自慢が好きだ。



こー、まとめてみると案外簡単♪
要は、自分がされて、きゅんとなるコト、やなコトは、相手にも同じように
伝わってるっつー話。
御三家、なめんなっツー話。



元祖 御三家
メキッシカーンーロックー。



他の記事も見てってー。