RSS2.0

« 2.僕等はいつも。 | メイン | 1.ママと彼女が欲しい物 »

3.清とさんま

どう、どう?
みんな、メールの大切さみたいなもんわかってきた?

具体的に、メールのいいとこっつったら、あれね。
弾むような会話が苦手な人でも、メールだったらじっくり、ゆっくり書くことができるでしょ。

実際は、山下清でも、メールの世界ならさんま。




アレ?ちょっとひねりすぎた。


えっとー、実際の会話では山下清なみの会話、知能レベルで、おにぎりが大好きでも、
メールなら、ある程度のタイムラグもあるし、わかんないことがあったらさー、
ググってその辺から気の利いた情報仕入れてくればさんま並みの頭の回転と手の早さを実現できるって。
まとめればそゆことです。

でもさー、実際に会った時とのギャップってどうなの?
せっかく、若くてかわいい女の子に出会えたのに
なんだ、清じゃん。裸の大将じゃん。」って嫌われてしまうのではないの?って。

あのさ、会う前にメールで、これでもかってぐらい土台できてるじゃないですかー。
女の子に「この人は頭の回転速いし、なんせ中身がいいわ。中身がね。」
って印象を植え付けてるじゃないですかー。
そしたらさ、会ったときに少々のマイナスポイントがあったとしても、
相手は勝手にある程度差し引いて考えてくれっから。
うん。よかった。助かった。

言ってしまえばね、メール交換の間に、会わずして相手の心の鍵を奪ってしまってるわけ。

勝ち。

すでに勝ち組。

おめでとう。


あ、あとね、出会い系なんてそもそも他人同士じゃないですか。
だから、逆に深い会話が出来たりするし、
リアルワールドになってくると、単なる知り合い程度では、込み入った話は、まずしないからね。

ほら、また勝ち。

すげー。




しかも、「顔ー」とか「話術ー」とか「なんとなくの雰囲気ー」とかで、勝手に除外されることもあるわけ。
顔とか、話術とかは、人の好みで、合う合わないあるから、まだ目つぶる。
まだ、目つぶるけど、なんとなくの雰囲気って・・・。
なんとなくで嫌がられた奴の気持ち考えたことあんのか、と。
お米を作った人の気持ち考えて、最後の一粒まできれいに食え、と。

写メとか見せる場合は別だけど、メール交換では、「文字」が相手を知る一番の手がかりなわけですよ。
その人となり。アナタのありのままの淫らな姿、素直な気持ちを余計なオブラートなしに、
文面から感じ取ることになるんですよ。

極端な話、メールだけでも惚れさせてしまうことはできますよ。
たま子もしょっちゅう(・∀・)キュンキュンしてるし。
ここまでもってくれば、少々顔や会話が山下清でも、相手が勝手に良い風に取ってくれますんで。

リアル清もこんなに頑張ってんだし。







清違い


真ん中にいますよね。




オチが弱いなー。。<byパスカル




次回『ママと彼女が欲しい物』に続く。→



他の記事も見てってー。