新着の出会いスポット

宗庵よこ長
唐津城
Cafe Laputa
茶房 立花(りっか)
カントリースタジオ ウエスタン
黒澤明記念館サテライトスタジオ
モラージュ佐賀
東の浜海水浴場
肥前夢街道
立ち呑み屋 のん
鳥栖スタジアム

佐賀・鳥栖の出会いスポット

金立公園
神野公園
佐賀県立森林公園
りんごむらマルヤス農園
佐賀城公園
天山リゾート
吉野ヶ里歴史公園
鳥栖プレミアムアウトレット
三瀬ルベール牧場どんぐり村

鹿島・太良の出会いスポット

祐徳稲荷神社

嬉野・武雄の出会いスポット

山閑人
佐賀県立宇宙科学館
武雄・嬉野メルヘン村

伊万里・唐津の出会いスポット

伊万里ふるさと村
ガハハハウス
唐津市ふるさと会館 アルピノ
秘窯の里 大川内山
大川内山キャンプ場
イマリンビーチ
松浦一酒造
有田ポーセリンパーク
風の見える丘公園

その他の出会いスポット

佐賀の出会いはここでさがせっ!ランキング

2010.03.23. 更新
SENTAR[センター]

どんだけ出会っても完全無料!タイプ別や目的別はモチロン、ログイン中の相手も検索できちゃう!攻略のコツはコチラで紹介してますよ→右の写真の子は管理人が出会った子でぇす!(パスカル)

管理人が出会った女の子
NOEL
地域人気度
-
出会い度
-

完全無料でこんなに出会いが見つかるなんて!さすが長年、出会い系サイトとして信頼されているだけあります!素人の女の子を見つけて優しくエスコートしてあげてね♪(アヌビス)

自由恋愛
地域人気度
-
出会い度
-

今までとは違う新感覚の出会い系サイト。ギネスにも申請中の自称「No.1セックスフレンド募集サイト」ってすごいwそんなパワフルな出会いが見つかるのに完全無料ってのはうれしい!!(アヌビス)

ラブサーチ
地域人気度
-
出会い度
-

今、あなたが出会いたい!と思っているなら断然、はずせないサイトです。女性は完全無料、男性は定額制というわかりやすい料金体系も◎!出会いに安心感を求める女性が多数いますゼ!!(原付吾朗)



出会い系サイト攻略特集!
出会い系サイト攻略特集! セックスがしたぁい!
という諸君のために、セフレをゲットするための出会いを攻略!
B&Gの研究員が厳選した無料の出会い系サイトも紹介しています!
詳しくは下のバナーをクリックヾ(>▽<)o

出会い系特集へGO

B&G 出会いのニュース

佐賀新聞「出会いサポートセンター」移転佐賀新聞佐賀県が運営し、20歳以上の独身男女の出会いや結婚をサポートする「さが出会いサポートセンター(会員約700人)」が1日、佐賀市巨勢町のモラージュ佐賀にリニューアルオープンした。県内3カ所(佐賀、唐津、鳥栖)に設置していた同センターを佐賀市に集約し、さらなる ...

佐賀新聞婚活イベント体験 運命の出会いあるか佐賀新聞結婚したいけど出会いがない」。そんな若者たちが救いを求めて向かうのは、そう、婚活イベントだ。いまドキの婚活事情を身をもって体験しようと嬉野市で開かれた婚活パーティー「お茶とお菓子で湯(ゆ)ったりスイーツ茶会」に、30代独身男性・ヨシキ記者が出会いを求めて本気の ...

佐賀新聞都道府県が7749組縁結び 60万人参加佐賀新聞都道府県の把握分だけを集計しているため、実際はもっと多い可能性がある。佐賀は13年秋からの実施で成婚カップルは53組。 事業内容は「講義・セミナー、子育て体験会などの開催」が最も多く、「結婚支援イベントなど出会いの場づくり」、「結婚支援センターの設置」、「独身 ...and more »

県の結婚支援、53組がゴール佐賀新聞佐賀県は、2013年秋から、少子化対策の一環で結婚支援事業に乗り出した。これまで事業を通して結婚したカップル ... をこまねいている状況ではいけない。出会いから出産まで切れ目ない支援をする姿勢を見せることは必要」とし、手法の模索を続けながら継続する方針を示す。

佐賀県住みます芸人「メタルラック」が地元で初ライブ 「生のお笑い」伝えたいと意欲佐賀経済新聞デビュー後は福岡でのライブ活動が中心だったが、2013年11月に全国47都道府県に吉本芸人が住む「あなたの街に住みますプロジェクト」の2代目「佐賀県住みます芸人」に就任してからは佐賀でのテレビ出演など露出が増えた。今回、「地元でライブをしたい」と開催にこぎ着け ...

http://spice.eplus.jp/はなわ 涙腺崩壊ソング「お義父さん」のMVを公開、妻との出会いの地である佐賀で撮影http://spice.eplus.jp/公開となった「お義父さん」のミュージックビデオは、去る4月16日・17日に地元佐賀市内にて二日間に渡り撮影。はなわと奥さんが実際に通い、そして出会った鍋島中学校の校庭や、はなわが子供の頃から買い物や祭りに出かけ、奥さんと遊びにも行った「白山いきいき名店街・ ...and more »

都道府県が7千組縁結び佐賀新聞独身男女の出会いの場づくりやマッチングといった結婚を支援する事業を47都道府県が実施、延べ約60万人が参加し、少なくとも7749組が結婚したことが20日、共同通信の調査で分かった。大半は2000年以降に少子化対策の一環として取り組みを開始。17年度予算は計23 ...and more »

出会い創出イベントと、男女共同参画推進案を募集 採用事業に予算割り当て /佐賀毎日新聞内容は、(1)男女の出会いや交流の場を提供する事業(限度額50万円)(2)結婚を応援するセミナーや講座など(同10万円)(3)そのほかの出会いの創出につながる事業(同)。総事業予算150万円の範囲内で、五つ程度を採用するという。 男女共同参画推進市民提案事業は ...

佐賀新聞母親と子ども交流の輪広げ 諸富町で子育てイベント佐賀新聞子育て世代が交流するイベント「出会いの広場」が13日、佐賀市諸富町の市産業会館で開かれた。紙や布など日用品でおもちゃを作ったり、玉入れをして遊んだり、親子同士で楽しみながら交友を広げていた。 読み聞かせやおもちゃ作りなどボランティアの11団体がブース出展 ...

佐賀新聞消費者トラブル啓発「不審な請求、相談を」佐賀新聞佐賀市のゆめタウン佐賀では、県と佐賀市の消費者生活センターの担当者や佐賀北署員、佐賀大学の学生など約10人で、消費者トラブルの事例とアドバイスを紹介したチラシやティッシュなどを買い物客に手渡した。同大学で消費者問題を学ぶ経済学部3年の大坪由佳さん(20)は「このようなトラブルがあることを多くの ...

恋の相聞歌佐賀新聞きみ」に出会い一変した永田さんは、以前の自分と会うことで今の幸福感を確認しようとする。輝くばかりの青春である◇この2人も恋の相聞歌(そうもんか)を交わしたのだろうか。秋篠宮家の長女眞子さま(25)が、大学時代の同級生小室圭さん(25)と婚約される運びとなった。

佐賀新聞SNSトラブル相談、過去最多 全国で11500件佐賀新聞LINE(ライン)やフェイスブックなど会員制交流サイト(SNS)に関し、出会い系サイトに誤って登録するといったトラブル相談が2016年、全国の消費生活センターなどに過去最多の約1万1500件寄せられたことが9日、関係者への取材で分かった。 16年までの過去5年 ...and more »

佐賀新聞魅力引き出す人物や風景写真 太田さん初個展佐賀新聞50歳で本格的に写真を撮り始め、二科展入選など評価される佐賀市の太田昭信さん(74)の初個展が、佐賀市のフォトギャラリー&カフェ「FINDER」で開かれている。風景や人物 ... いろんな場所での出会いも楽しみ」と、被写体を求めこれからもファインダーをのぞく。 12日まで ...and more »

佐賀新聞「大いに学び夢抱いて」嬉野高で講演会佐賀新聞西野さんは子どもの頃から世界の風景や民族に憧れていたといい、自転車での九州一周や本州縦断、南米の旅を経て、佐賀大卒業後、世界一周を始めた。2008年から09年にかけて北米から南米へ、また11年から15年までで欧州とアフリカを旅し、佐賀新聞でもその様子を連載した。 西野さんは、空腹を紛らわすた ...

佐賀新聞河村美術館(唐津市) 「20世紀の巨匠たち2」佐賀新聞中津海智子学芸員は「美術の教科書に出てくるような作家の、それぞれ特長が出た作品をそろえている」と話す。 同館の特別展「名画との出会い」の6回目で、3年前から春と秋に開催している。 ▽6月25日までの土日祝日のみ開館。入場料大人500円、学生400円、中学生以下 ...

佐賀新聞さが維新前夜(17) 藩外からの訪問者佐賀新聞城下には、長崎に向かう道中で一度は立ち寄っていたが、儒者の草場佩川(はいせん)との面会や佐賀藩校弘道館の視察を果たそうと再訪した。佩川は弘道館で教え、他藩の ... は佐賀藩が最も多くを占めた。 藩境を超えた人と人との出会いが、変革のうねりの源流になっていく。

眞子さまご婚約へ 飾らず愛結実 「海の王子」小室さん、出会い1年プロポーズ毎日新聞九州でも喜びの声が聞かれた。2016年10月に佐賀県有田町であった有田焼創業400年の記念行事で九州陶磁文化館(同町)を訪れた際に眞子さまに付き添った鈴田由紀夫館長(65)は「古伊万里の展示コーナーで『留学先の英国の宮殿で見た』というエピソードを話してくれた ...and more »

東京新聞<駅に食あり>(1) JRニセコ駅「茶房ヌプリ」のカレー(北海道)東京新聞店を切り盛りするのは松田保さん(60)=倶知安(くっちゃん)町出身=と、裕子さん(60)=佐賀県出身=夫婦。裕子さんが二十歳のころ、当時働いていたニセコのペンションで、プロスキーヤーだった保さんと出会い、一九八一年に結婚。十年後、今の店を開いた。 「まさか、ニセコ ...

性教育 いま必要なこと毎日新聞出会い系サイトで知り合った相手や、部活の先輩などから被害に遭うケースが少なくない。 センターの事業の ... 佐賀県DV総合対策センターが始めた中学向けDV予防プログラムの「エイズを通していのちを考える」という性教育枠で、私も講師に加わるご縁を得た。 伝えたいことは ...

佐賀経済新聞佐賀市中心街の海鮮ランチ店「花咲耶」2周年 目利きした魚で客との出会い楽しむ佐賀経済新聞世知子さんは「中心部に店を開いたことで新たな客との出会いがあった。話をすると誰かとつながっているなど『佐賀の狭さ』を感じた。客から『こんなに安くて大丈夫ですか』と言われるが、小遣い程度の利益が出ればそれ以上に得られるものが多い。それだけでうれしい」と笑顔を ...